東京団地倉庫株式会社

メッセージ

メッセージ

変化、変わる、変える、を“更に”実践し、
テナント各社への物流業務支援を提供します。

 当社は、倉庫会社94社による共同出資会社として1966年8月に設立以降、ステークホルダー皆さま方のご尽力により、首都圏東京23区内4か所に51万㎡の共同倉庫施設を保有し、株主各社が倉庫業を営むための施設を提供するとともに施設機能の向上・保全の管理運営業務を行ってまいりました。

 しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を受け、企業活動の自粛や緊急事態宣言の延長により、外出自粛・休業要請など社会・経済活動が大きく制限されております。

 新型コロナウイルス感染症の収束が依然見えない先行き不透明な状況下において、ますます重要性が高まっているロジスティクスを効果的に機能させるためにも、「ステークホルダーによろこばれるLogisticsパートナーとして成長し続ける」という企業理念のもと、環境変化に柔軟に対応しながら、今年度の業務運営目標である変化、変わる、変える、を“更”に実践し、株主・テナント各社のニーズに合った様々な情報提供を行い、物流業務支援を提供してまいります。

 特に、コロナウイルス感染対策として、当社が作成した「新型コロナウイルス感染予防等対策指針」の周知徹底を図り、感染・防止に最大限努めてまります。

 そして、当社の8つの行動規範に沿って、コロナ禍での適切な施設の点検管理業務、保全工事業務と物流支援業務を推進していく所存です。

 わたしたちは、安心・安全な社会インフラ構築を努め、首都圏の物流機能活動の一翼を担って、これからも堅実に歩み続けてまいります。

 ステークホルダーの皆さまには、引き続き温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。


東京団地倉庫株式会社
代表取締役社長
和 田 康 政
2021年6月30日

リニューアル後の板橋事業所完成予想図

会社情報

ページトップへ戻る